サイトマップ English
RECRUIT 採用情報
宮内 知成
2001年入社 技術本部
東京理科大学 理学部 数学科
[職種] システム開発
(新聞制作システムの開発
現在の仕事内容 新聞の記事や画像の入力から編集、版の出力までをオンラインで行う新聞制作システムのプログラム開発を行う部署に所属しています。主に見出し文字やその飾りの入力プログラムを担当しています。各新聞社に納品される新聞制作システムは、それぞれ独自の紙面・記事構成のために、異なった仕様になっています。見出し文字についても各社ごとにニーズは異なり、書体、文字数、飾りの追加や変更など、日常的に対応しなければならい仕事がたくさんあります。
仕事のやりがい 自分で苦労して作成した見出しが踊る新聞を見ると、やはり誇らしい気分になります。出張先で読むそんな新聞は格別です。新聞の見出しは、まず注目させながらも、読みやすくなければならないので、それなりに苦労も多いのですし、経験を積むに従って、その奥の深さを実感します。最近では年輩の方向けに読みやすさを重視した書体に変更する新聞社も増えており、見出しを変更することで新聞の読者が増えてくれるのなら、とてもうれしいです。
仕事をする上で心がけていること 見出しへの注目度アップ、読みやすさ追求といった読者への配慮はもちろんのことですが、直接のお客様となる、新聞社のオペレーターに向けた配慮も非常に大切になります。見出し文字をミスなく、早く打ち込むためには、オペレーターの思考や手の動きに合った操作ボタンの形状や配置、色彩が必要ですし、ミスをしたときのリカバリーも必要です。つねに、オペレーターと読者の気持ちになりシステム開発していく姿勢を忘れないように心がけています。
現在の目標 お客様に満足していただけるシステム開発を行うのが通常の仕事ならば、満足以上の提案をしていくことが出来るように心がけています。例えば、強調したい文字の処理や、様々な見出しのイメージが表現できる飾りなど、常にお客様のニーズを先取りした提案をしていくことが出来れば、お客様からの信頼度も高まり、新聞に対する評価も高まっていくと思います。将来は入力全般に関わるシステム開発に携わりたいと考えています。
学生の方へメッセージ 「個」をとても大切にする会社です。やる気があれば、活躍の場を用意してくれますし、自ら望めばチャンスも与えてくれます。失敗を恐れずに何ごとにもチャレンジしていこうという姿勢があれば、自分の望むスタイルでキャリアを積んでいくことも可能です。積極的にチャレンジした結果ならば、たとえ失敗をしたとしても、それを経験としてカウントしてくれる会社です。
一日のスケジュール(例) 08:15 出社
08:30 始業 メールチェック、システム制作
10:00 休憩
10:10 システム制作
12:00 昼休み
12:50 システム制作
15:00 休憩
15:10 プロジェクトミーティングなど
16:50 日報入力
17:00 終業
PAGE TOP