サイトマップ English
PRODUCTS 製品情報
スプレーダンプニングシステム

IMG01

オフセット印刷に不可欠な湿し水をポンプで加圧し、スプレーノズルで霧状にしてローラーに噴射する装置です。スプレーユニット、湿し水補給装置、軟水化装置、制御盤、グラフィックパネル方式の操作盤などから構成されています。印刷に最適な湿し水供給量を自動的に解析し、少容量タイプのスプレーノズルにより細かな水滴の粒子とスプレー回数を高めています。均一な水膜を可能にしたことにより安定した印刷品質を実現しています。

TSD-6000
・スプレーユニットと排水パンを一体化する事でコンパクト化されています。
・工具レスで輪転機に取り付け、取り外しが出来るようになり、作業環境が大幅に改善しています。
・湿し水の飛散を低減する「WRウィング」をオプションで設置できます。


TSD-3000
・スプレーユニットのボディを完全対称形状の構造にし、左右胴どちらにも設置可能です。
・スプレーユニットをコンパクトにする事で、TSD-2000S Vspecと比べて大幅な軽量化が実現されています。
・高頻度噴射は、TSD-2000S Vspecよりも更に高速動作を安定させ、最高で「版胴1回転に1回噴射」まで可能です。

IMG02

TSD-2000S Vspec
・TSD-2000Sを更に進化させ、均一な水膜を提供する高頻度噴射が実現されています。
・高頻度噴射は、輪転機印刷速度1万部/時単位に「版胴2回転に1回噴射」から「版胴5回転に1回噴射」まで可変設定出来ます。


TSD-2000S
・TSD-2000を進化させ、ワンタッチノズルを採用し、ノズルの取付け、取外しが簡単に出来ます。
・FRP(繊維強化プラスチック)製排水パンを採用し、TSD-2000と比べ更なる軽量化が実現されています。

TSD-2000
・強靭なアルミニウム合金をスプレーユニットのボディに採用し、軽量化されています。
・噴射ノズルは、特殊形状により表面が汚れにくく、ノズル詰まりを軽減されています。
・輪転機印刷速度20万部/時(両出し換算)まで対応しています。
・多様な紙幅に対応する「可動シャッター」をオプションで設置出来ます。

安定した水皮膜の供給による高品質な印刷紙面 (全機種共通)
ローラー転移性を考えたスプレーノズルの開発により、微細な水の粒子と、スプレー回数を高めることで、均一な水皮膜の供給が可能となっています。 また、印刷に最適な供給量を解析し、そのカーブにより湿し水を供給する制御装置を備えることで、良質な印刷を実現します。
機能 (全機種共通)
・あらかじめ準備された16種類の水供給カーブから胴単位に選択して設定が出来ます。
・設定された増速時/減速時 水供給カーブをもとに、ノズル単位に水量の微調整が出来ます。
・選択した面ごと、胴ごとにパージが出来ます。
・捨て版には、最小限の水量が供給出来ます。
・T-NPC(新聞製作制御システム)から面割情報を受け取り、自動的に湿し水の供給制御が出来、準備作業の大幅な短縮を図ることが出来ます。
・全機種、2×2機、4×1機に対応しています。(適用紙幅:最小620mm~最大880mm)
・海外において6×2機への搭載実績があります。
保守性 (全機種共通)
・ノズル詰まりが少なく、メンテナンスが容易です。
・距離調整機構によりノズルとローラー間の距離が調整出来ます。
・強靭なアルミニウム合金を採用する事により、軽量化を図りメンテナンスの向上が図られています。
・メンテナンス時には簡単にスプレーテストが出来ます。
・カバー、水受け皿はワンタッチで着脱出来ます。
・ノズルはワンタッチ式を採用し、ノズルチップは形状及び表面処理加工によりインキミスト付着防止が図られています。

 
直圧加湿装置
オフセット輪転機の冷却部に取りつけ、ドライヤーで加熱され、水分を失った印刷用紙の表・裏面へ水分を補給することで印刷する前の原紙の紙質に近づけることを目的としたスプレー方式の加湿装置です。紙の含水分率の低下によって起こるさまざまなトラブルを減少させ、また静電気を除去する効果もあります。
パーツ洗浄装置PCEは、インキローラー洗浄装置のドクターブレードをはじめとする、輪転機における各種カバー類を自動洗浄する装置です。
性能・特徴
・エア駆動方式を採用、電気を使用しない安全設計
・通常は自動洗浄装置として機能し、簡易作業台としても利用可能
・自動洗浄により作業効率が向上し、コストダウンを実現
・洗浄液(白灯油)を循環利用することが可能
・キャスター付きで装置ごと移動でき、エア源を接続することですぐに利用可能
・廃液タンク内に溜まった沈殿槽の清掃が容易
・洗浄後、ブレードに残った洗浄液の拭き取りに必要なウエスは1本のブレードに対して1枚程度となり、大幅にウエスの使用量を削減することが出来ます。
 
スプレーダンプニング装置TSDシリーズのスプレーノズルのノズル詰まりや吐出分布不良がないか簡単に確認できる装置です。


性能・特徴
・1個から最大4個までのノズルを同時に検査することができます。
・スプレーユニットのホースを直結しての使用も可能です。
・ツマミねじ1本で下向きに変更し、専用ビーカーにて吐出量を簡単に計測できます。
・サビに強いステンレス製で、使用後のお手入れは、エアブローまたはウエスにて乾拭きのみでOKです。
・専用アタッチメントの交換により、TSD-2000、TSD-3000、TSD-6000各シリーズ製品に対応できます。
PAGE TOP