サイトマップ English
PRODUCTS 製品情報
新聞製作制御システム
IMG01T-NPCはプリプレスから受け取った情報を印刷パターンごとに登録して、輪転機の各部に最適な印刷準備データとしてプリセットすることにより、その日の各印刷パターンにしたがって輪転機を最適な状態で運転させることができるシステムです。
印刷準備作業の時間を大幅に短縮することができ、運転状況や異常などをリアルタイムにモニター表示することで、常に輪転機を安定した状態に保つことができます。
オペレーターが日々の印刷作業の中で会得した貴重な経験値をT-NPCに蓄積していくことにより、輪転機の機能がより生かされ、お客様独自のご要望に沿った最適なシステム構築が可能となります。
わかりやすい操作システム
コンソールにはタッチパネルディスプレイを使用することにより、オペレーターはタッチ操作に
てプリセット作業およびデータの確認作業を行うことが出来ます。
保守性の高いシステム
耐環境・耐振動・耐防塵性能を持つ信頼性の高い機材を使用しているので、あらゆる状況下での
長時間運用を可能にしています。
実績あるデータ管理システム
20年以上の経験によって構築されたデータ管理システムによって、最低限のデータ入力であら
ゆる印刷状況に対応します。
お客様の運用状況に柔軟に対応
経験あるスタッフが、お客様が希望される印刷運用システムに柔軟に対応したT-NPCを制作し
ます。

IMG02 商業印刷制御システム(CYBERNET)を正式に「商業用オフセット輪転機生産管理制御システム」といいます。
高い印刷品質が要求される商業印刷に対応するため、商業用オフセット輪転機を中心に設備の生産性を高めるために印刷準備時間や損紙を限りなくゼロに近づけることを目標に開発された画期的な生産性向上システムです。
絵柄や紙、機械などの環境に合わせて印刷準備データの補正を繰り返すことにより、最適な印刷準備データを生成する自己学習機能によって立ち上げ時の損紙を最小限に抑え、印刷準備時間の短縮と大幅な資源の節約を実現します。

 

T-CUTTERは新聞印刷現場において手動で調整している、裁ち切り合わせを自動で行うシステムです。
印刷開始、増減速、ペスター後にアジャストローラー位置の自動調整を行うことにより、裁ち切り合わせの時間が短縮され、損紙の低減を図ることが可能です。
2009年新聞製作技術展において、技術開発奨励賞を受賞しています。
性能・特長
・全アジャストローラーとターンバーを同時に自動制御することが可能なため、刷り出し時、増速時、
 減速時、ペースター後に裁ち切り合わせを瞬時に自動制御することができます。
・T-CUTTERはマーク位置だけでなく輪転機全体の動きに合わせて制御しているため、刷り出しの早い段階から裁ち切り合わせが可能となり、損紙の削減 に大きく貢献します。また、各輪転機の特性に合わせてカスタマイズが可能なため精度の高い制御を実現します。
・輪転機側に特別な改造なしでアジャストローラー出口にセンサーが取り付け可能なサイズに小型化したため既設輪転機でも容易に取り付けが可能です。
・自動制御の開始・停止速度の設定機能とT-NPCとの連携及び天地左右位置の良紙判定機能により完全ハンズフリーでの自動調整を実現したため、オペレー タは裁ち切り位置の常時監視から解放されます。また、裁ち切り合わせの個人差がなくなり常に安定した紙面が確保できます。
PAGE TOP